夏はキャミとか着たいですもの

夏といえば海水浴にボディーボード、お祭りにバーベキューなどなどイベントが盛りだくさんですが、水着や服に困ったりしている人もいるんですね。それはどういう人かというと、身体にできてしまったニキビに悩む女性たちです。

海といえば水着ですが、ニキビが見えるのが嫌で着れない。バーベキューやお祭りにお気に入りのキャミソールで行きたいけど、背中や胸元のニキビが見えちゃうので着れない。暑いのに脱なもとや背中の開いた涼しげなデザインの服は無理と我慢するので、それがストレスやコンプレックスになってしまっている女性も大勢いるようです。

最近はジュエルレインのようなニキビケアでも顔用という訳でなく身体にも使えるものがあるし、こういったジュエルレインのようなもので予防していくことで、夏には水着やキャミソールとか思いっきり着て綺麗な肌を見せつけてやりたいものですね。そんな感じでジュエルレインで夏に向けて頑張っていきましょう。

化粧下地はこう塗ろう

一言で化粧下地といっても、クリームタイプやチューブタイプ、乳液タイプと結構いろいろありますね。そしてタイプ毎で塗り方も少し変わってきます。

あなたはどのタイプをお使いになっていますか?

例えばセルフューチャーのようなクリームタイプは米粒1個から真珠1個分位の量で顔全体に薄く塗っていくのが基本です。セルフューチャーは米粒1個程度で十分だそうで、付け過ぎには注意した方が良いらしいです。チューブタイプは真珠1個くらいの量を指の腹に乗せて顔に広げていくように塗っていきます。乳液タイプは少し多めで1回に1円玉くらいの量を使います。

塗り方のポイントとしては、どのタイプも顔の真ん中から外へ万遍なく薄く塗っていくことです。べたついたりするときは塗り過ぎで、手のひらに吸い付く位に塗っていくのがベストです。

セルフューチャーのクリームタイプの化粧下地もそうですが、薄塗りが原則で付け過ぎるとファンデーションがよれたりするので気をつけましょう。